特集

人をその気にさせる人材育成術!自分らしく働けるスタッフの育て方

「スタッフ教育って何を大事にしたらいいんだろう」

「スタッフのやる気を引き出すポイントはなんだろう」

今さら聞きにくいけどリーダーが気になる人材育成のポイントを、

「ミッショントレーナー」として活躍されている人育てのプロ
吉武永賀さんにお伺いしました!

<吉武さんのご紹介>

ミッショントレーナー
吉武 永賀(よしたけ ひさよし) 氏
○ 株式会社LPN 代表取締役
○ 財団法人日本コアコンディショニング協会 名誉理事
○ 著書 セルフコーチングが身につく「成功のルール」(購入ページ)県立高校教員時代は体育教師の傍ら、陸上国体監督も務め、部作りではまったく0の状態から陸上で日本一を育てる。
39歳で独立起業。現在は、長年培ったコーチング能力を生かし、中小企業経営者や独立起業家、ビジネスパーソン等、成功者の育成をライフワークとして行なっている。「人をその気にさせる天才」との異名をもつ。

「自分らしさ」とは「好きで得意なこと」

吉武さんはスタッフと接するとき、どんなことを大切にされていますか?
吉武さん流の人育てのポイントについて教えてください。

「吉武流の」といえるような大層なものはないですが、大切にしていることは、社員さんに「自分らしく働いてもらう」ということですかね。

 

自分らしく働くとは、その人の好きで得意なことで頑張るということ。

人は好きなことしか頑張れないし、頑張ったことでしか成果は出せないですからね。

今の仕事をする前は、高校体育の教員を19年間やっていました。教員時代ずーっと掲げていた級訓がありまして。

『自愛』という言葉を掲げていました。
「愛せる自分であれ」というメッセージです。

教育関係者からは「困難校」と呼ばれるような学校に勤めていたので、よく生徒が問題を起こすんですよ。

その度に「おー、やっちまったなぁ。お前そんな自分を愛せるか?」と説いてました。

誰しも「愛せる自分でありたい」と思っているはずです。

じゃあどんな自分だったら愛せる自分・誇れる自分か?
というのを実践することが「自愛に生きる」ということで、
それが「自分らしく生きる」ということだと思うんですよ。

みんな輝きたいとは思っているけれど、上司に命令された「やらされ仕事」で輝きたいわけではなくて、自分の強みと特徴が生かされて、それを評価された時に嬉しいと感じるわけです。

でも、悲しいことに自分で自分のことはよく見えません。

だから、その人が本当にやりたくて評価されたい何かをリーダーが見つけてあげることが必要なんじゃないでしょうか?

私自身、社員さん全員に取材をして、その人の好きで得意なことを言葉にして渡したりもしていました。

この前もちょうど大学3年生で就職活動中の娘からLINEが来たんですよ。「私の強みを教えてください」って。

「明るい・元気・謙虚!そして誰かの笑顔のために尽くせる貢献力!」と返しました。
これは私が親として彼女を見ていて強みだなーと感じる部分です。

なので、まずはリーダーが社員さん一人一人の強み(好きで得意なこと)を理解して、本人にもそれを伝えて理解してもらうこと。そして本人とともにそれに取り組む。

その好きで得意なことに取り組んでいる人たちの集合体で、チームで勝つ。これが大事です。

やる気よりも「その気」を引き出す

たしかに。自分の強みがわかって、それが仕事に活きていると実感できればやる気も出てきますね!
そのやる気を一時的ではなく、持続させるためには何が必要なんでしょうか?

そもそも、やる気は長続きしないですよ。
やる気よりも上位にあるのが「その気」です。
私は多分、人をその気にさせる天才でして。

そのおかげで高校陸上部の監督として、弱小チームを全国大会の常連校に導くことができました。
しかし、じゃあそこで「全国目指すぞー!」と言われて頑張れる人がいるかといえばあまりいません。

私が勤めていた学校は勉強も運動も得意じゃない子が多かったので、「陸上競技が楽しいか?」と聞かれたら楽しくはないわけですよ。

目的が決まらない限り、練習なんて全然やる気も起きないから結果も出ません。

でもその中で勝つことの喜びを知った時に「どのメニューをやるとどうなるんだ」という話が選手に響くようになるんです。

名監督たちはみんな「こうなったらああなる」という因果関係を知っていて、
ダメ監督たちは因果関係もわからず「やれー!」としか言わないんですよ。

因果関係というのは、例えば

「ハンマー投げで60m投げられればインターハイの8位までに必ず入れる。60m投げれば確実に全国入賞できるぞ。」

「そうしたらお前、大学行けるようになるぞ!就職も決まるかもしれんぞ!どうする?」と。

そしたら「やります!頑張ります!」となるわけですよ。

「だったらお前ウェートトレーニングで何キロ、後ろ砲丸投げで何mできないかん!」

「先生、何キロまで上がりました!」

「おー!いいぞ!あと何キロで絶対超えれるぞ!頑張ろうな!!」

 

ここまで分解できていたら頑張れそうな気がしてきませんか?これがその気ということですよ。

因果関係も見せずに「頑張れ!」と言ったって、その人の潜在意識は知ってるんです。「これ無駄になるかもしれん」と。だから頑張る気にもなれない。

これは仕事をする上でも全く同じですよ。
社会ではこれをKPIといって管理していますよね。

スポーツでも仕事でも「こうしたらこうなる」という因果関係が本当に重要なんです。

人をその気にさせるのは、言語化と因数分解ですよ。

新人スタッフに必要なのは長期ビジョン

4月ということで新人スタッフが入ってくる時期だと思うのですが、リーダーとして意識した方がいいポイントはあるでしょうか?

まずは「戦力になんかならん」ということです。

いきなりそこを期待したらダメですよ。

一番大事なことは「部(環境)になれること」生活が変わるわけですからね。

まずは新しい環境に慣れて、そこが楽しいと感じること。

つまりは、飛ばしすぎないことが大切です。

部活をやめる原因の98%は故障です。女子に関しては70%がケガ、残りの30%が人間関係。

きっと職場も一緒だと思います。

だから故障させないということが一番重要で、

新しく入ってきた子は
「早く試合に出たい」
「早く活躍したい」
と張り切ってしまうけど、
そこで無理をさせないこと。

仕事で言えば、頑張りすぎて体調を崩したり、心を病んでしまったり、そういうのをセーブしてあげるのがリーダーの役割でしょう。

頑張りたいのはわかるけど、「3年後にはどうなってたい?じゃあまずはこうしないとね」という長期ビジョンをリーダーが与えられるかどうかですよ。

約束と行動で信頼を得る

この記事を読んだ方が明日から行動を変えるとしたらどんなことをしたらいいかアドバイスをお願いします!

最初は母性からというのを大事にするといいと思います。最初に父性から入っても通用しないんです。

母性というのは、お母さんのような優しさをもって接すること。

父性とは、昔のお父さんのように厳しく接することです。

みんなが欲しいのは信頼できる上司でしょう?

じゃあ信頼を因数分解するとなんだと思いますか?

答えは「約束し、それを守ること」です。
これを積み重ねたものが信頼なんです。

つまり、まずはあなたが約束をしなさいということ。
そしてそれを守りなさいということですよ。
それが信頼になるので。

小さなことからでもいいので、まずは社員さんに宣言(約束)してその通り行動する。

そこから始めてみてください。

吉武さんのHPはこちら

書籍のご紹介はこちら

【先着30セット限定】6ヶ月分のワンレター紙面を無料プレゼント中!

えいちゃんのおすすめ
えいちゃんのおすすめ

この記事も合わせて読んでみてね!

 



最新情報を公式LINEで更新中

GCLabの公式LINEアカウントでは他にも記事の更新情報や限定セミナー動画を配信予定です!

・チーム作りに悩んでいる
・マネジメントをもっと学びたい
・他にもこんな内容が知りたい

などなど
ご質問なども気軽にご連絡ください!

↓↓↓↓↓↓
友達登録はこちら

白井康司

白井康司

投稿者の記事一覧

◯ マーケティングディレクター
◯ LINE@コンサルタント
歯科医院、飲食店、トレーニングジム、合宿施設、メイク教室など、様々な業種のLINE@活用をサポート。その他にもブログの執筆やSNSなどWEBマーケティング全体のアドバイスを行っている。趣味はスポーツ観戦。好物はカレーライス。
人生最大の思い出はママチャリで東京から大阪へ行ったこと。

関連記事

  1. 2分でわかる書籍図解GRITをまとめてみた 【2分でわかる書籍図解】GRIT〜やり抜く力〜
  2. 院長必見!誰も教えてくれなかった『本当に集客できるHP改善術』
  3. 「チームづくりの極意は楽しさの追求」大嶋啓介の最高のチームの作り…
  4. プレゼンテーションのプロが教える 「伝わるプレゼンの超基本」
  5. 「自走するチームのつくり方」岡田優介氏特別インタビュー
  6. 「読書のチカラ」タメになる本の読み方〜その1〜
  7. 女性が長く働くための職場改革で産後復職率が90%以上に!
  8. 2分でわかる書籍図解「お金2.0」まとめてみた 【2分でわかる書籍図解】最近話題の『お金2.0』をまとめてみた。…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめ記事

人の成長を左右するたったひとつのチカラ 人間関係の問題はチーム成長の証!一体感のあるチームのつくり方 人の成長とは?リーダーが絶対に知っておくべき成長のルール【保存版】 人をその気にさせる人材育成術!自分らしく働けるスタッフの育て方 「自走するチームのつくり方」岡田優介氏特別インタビュー

新着記事

PAGE TOP