基礎理論

成果の出る人と出ない人の違いは「続ける根気」

成果のでる人出ない人の違い
悩んでいる歯科医院の院長
院長

うーん…


等身大のえいちゃん
えいちゃん

どうしたんだい?そんなに難しい顔をして。


悩んでいる歯科医院の院長
院長

いやぁ、スタッフがなかなか成長してくれないなぁと思ってね。


悩んでいる歯科医院の院長
院長

色々教えてるつもりなんだけど、なかなか理解してくれなくて。
いつも同じことを注意してるのに全然進歩しないんだよ。


等身大のえいちゃん
えいちゃん

なるほど、それで悩んでいるんだね。


悩んでいる歯科医院の院長
院長

そうなんだよ。もっと要領良くやってくれたらなぁ。


等身大のえいちゃん
えいちゃん

ところで、院長ってもしかして飽き性かい?
新しいことを始めても、続かなくて結局やめちゃうとか。


疑問を持っている院長
院長

たしかにそういうところはあるかもなぁ。
でも、どうしたんだい急に?


等身大のえいちゃん
えいちゃん

じゃあ今の院長が身につけるべきなのは、
ティッピングポイントまで頑張り続ける根気かもしれないね。


疑問を持っている院長
院長

ティッピングポイント?根気?


等身大のえいちゃん
えいちゃん

そう。根気さ。今日は「スキルの成長」についてお話しするね。


今回のテーマは「スキルの成長」

頑張っているのに、なかなか結果がでない
なかなかスタッフが成長してくれない

そんな時に思い出してほしい、
成長できる、成果が出せる人と出せない人の違いをご紹介します。

1.スキルの成長は遅れてやってくる


頑張っているのに、なかなか成果が出ない

この状況はどうして起こってしまうのでしょうか?

その原因は「成長曲線」で説明ができます。

たとえば、
あなたが今から何か新しいことを勉強しようと思ったら
どんな風に成長したいですか?

マネジメントにおけるスキルの成長第一段階

きっと上の図のように
「今の自分」から「なりたい自分」まで

一直線に最短距離で成長したい!

そう思いますよね。

しかし、残念ながら
そんなカンペキ超人はいないのです。。。

実際にはどのように
成長していくかというと

成長曲線の図。人の成長は遅れてやってくる

このように曲線を描いて成長していきます。

つまり、
人の成長は遅れてやってくるということ。

これを成長曲線(遅れの法則)と言います。

たとえば、
あなたが自転車に乗れるようになった時を
思い出してみてください。
(自転車に乗れない方は想像の中で。)

成長を見守るお父さん

いいか?遠くを見て漕ぐんだよ!


自転車の練習をする子供

うん!お父さん絶対離さないでね!


成長を見守るお父さん

ああ、しっかり押さえてるからな!


自転車の練習をする子供

絶対離さないでね!


成長を見守るお父さん

もちろん!


だいたいこの辺で、手を離す


自転車の練習をする子供

お父さん、ちゃんと抑えてる?


自転車の練習をする子供

お父さん?


振り向く子。遠くにいるお父さん

成長を見守るお父さん

すごいじゃないか!一人で乗れたぞ!


という懐かしのやり取りが
あったかなかったかは置いておいて。笑

うまくいかない時期がしばらく続いてから
「あれ?できた!!」と

急に上達するポイントがやってくる。

マネジメントにおけるスキルの成長第二段階

いわゆる「コツを掴む瞬間」

この曲線が一気に跳ね上がるポイントを
「ティッピングポイント」
と言います。

ティッピングポイントまで我慢して
努力を続けられれば、一気に成長できる
ということです!

2.急成長の直前が一番辛い

スキルの成長は
ティッピングポイントを基準に
三段階に分けることができます。

スキルの成長の3段階の説明

A:今の自分からティッピングポイントまで
B:ティッピングポイントから急上昇するまで
C:急上昇が落ち着いてから

このA〜Cをそれぞれ

A:努力期(ハードワーク期)
B:成長期
C:成熟期
と言います。

なかなか成果が出ないなぁと感じる時は
Aの努力期にいます。

特に気持ち的に一番辛いのは
ティッピングポイントの直前

ティッピングポイントの手前が
もっとも理想と現実の差が大きくなるからです。

いつまでやったら成果がでるんだ、、、
もう向いてないんじゃないか、、、
違うことに時間を使ったほうがいいんじゃないか、、、

この時期に心が折れて、
仕事自体をやめてしまう人も多いです。

その葛藤を乗り越えて
ティッピングポイントまで
たどり着けるかどうかが勝負なのです。

3.ティッピングポイントは必ずやってくる

ここで絶対に覚えておいてほしいことは
必ずティッピングポイントはやってくる
ということ

結果が出るかどうかは
ティッピングポイントまで
めげずに続けられるかどうか

という違いなのです。

もちろん人によって、
同じことでもティッピングポイントまでの距離に
違いはあります。

ティッピングポイントまでの距離が短い人もいれば
長い人もいます。

その距離が短い人たちのことを
「要領がいい」「器用」といったりします。

経営者の立場で言うと

必ずティッピングポイント来るといっても
1つの仕事をできるまでに何年もかかっていては
経営はできませんから。

ティッピングポイントまでの距離が短い人を
見極められるかどうかが採用力に直結するとも言えます。

ただし、一度採用したからには

ちょっとやらせてダメだったからといって
「できないやつ」認定をするのはもったいない。

成長曲線を思い出して
ティッピングポイントにたどり着けるように
サポートをしてあげてくださいね。

4.まとめ

等身大のえいちゃん
えいちゃん

成長の仕組みはわかったかな?
ちょっとやる気が出てきたかい?


院長

なるほど。結果が出ないのは、まだ努力期の段階だからなんだね。


えいちゃんのおすすめ
えいちゃん

その通り!結果がでるまで信じて続けることが大切なのさ。


院長

ティッピングポイントまで頑張り続ける根気が必要
といったのはこういうことだったんだね。


等身大のえいちゃん
えいちゃん

そういうことさ。
もしかしたらティッピングポイントを迎えるのは明日かもしれない。
せっかくそこまで頑張ってきたのに、目前でリタイアなんてもったいないだろう?


喜ぶ院長先生
院長

たしかに。よーし、また頑張ってみるよ!


えいちゃんのおすすめ
えいちゃんのおすすめ

この記事も合わせて読んでみてね!


より早くティッピングポイントに近づくために↓


心の成長の成長ついて↓

人の成長の本質↓

お問い合わせ募集中!

GCLabでは、あなたからのご質問を募集中です!

・チーム作りに悩んでいる
・そもそもLINE@がよくわからない
・もっとこんな内容が知りたい

などなど
気軽にご連絡ください!

今ならご連絡いただいた方へ
【LINE@徹底活用がイボブック】を
無料でプレゼント中!

↓↓↓↓↓↓
ご連絡はこちら!

LINE@では記事の更新情報や
限定セミナー動画を配信中です!
↓↓↓↓↓↓
LINE@友達登録

えいちゃん

えいちゃん

投稿者の記事一覧

えいちゃん
ワンネス経営®GCLabのマスコット猫。
スタッフのことや経営のことで悩んでいる院長(職人系経営者)の悩みに答えている。
すべての職人系経営者を救うべく、とぼけた顔でチーム作りや人間関係の本質について語り倒す。若干偉そうな態度がハナにつくが悪気はない。
そのうち急に綺麗なイラストに変わるかも。

関連記事

  1. 【自主性】と【主体性】の違い。同世代と差がつく成長のコツ
  2. コミュニケーションの基本 記憶喪失になっても覚えていたい3つの言…
  3. 【イライラの原因と対処法】自分勝手な思い込みを手放そう!
  4. 影響力の方程式。積み重ねが影響力を高める 「影響力の方程式」積み重ねが影響力を高める
  5. 心の成長と人間関係の仕組み 心の成長と人間関係の仕組み。人の心は三段階で成長する
  6. 人の成長を左右するたったひとつのチカラ
  7. 【悩む】と【考える】の違い。人生で得をする時間の使い方
  8. 人の成長とは?リーダーが絶対に知っておくべき成長のルール【保存版…
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

人間関係の問題はチーム成長の証!一体感のあるチームのつくり方 人の成長を左右するたったひとつのチカラ リーダーシップを高めるには?尊敬される人になるたった2つ条件 医療系マーケティング|他の院と差をつける集客の考え方 アドバイスばかりしてしまうマネージャー マネージャー要注意!アドバイスとフィードバックの違いと伝え方のコツ

新着記事

  1. アドバイスばかりしてしまうマネージャー
PAGE TOP