ブランディング

LINE@の友達集めはどうやったらいいの?【友達集めの公式】

今回はLINE@の友達集めについて解説します!

そもそも「LINE@」とは自分たちの「友達」に対して
メッセージを一斉に届けるものです。

友達が100人なら100人にメッセージが届くし
友達が10人なら10人にしかメッセージが届きません。

つまり、
LINE@は友達がいないと始まらない
ということなんです。

どれだけいい発信をしても
友達が0人なら誰にも届かないですからね!

今回はLINE@の友達集めの考え方
について解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

1.友達集めの方程式


早速ですがLINE@の友達集めには公式があります。

友達=来店数×気づく率×なりたい率

これさえわかればこの記事はもう大丈夫です!
どんどん友達を増やしていってください!

もう少し詳しく説明しますね。

2.お客さまとのタッチポイントを増やす

来店数とは、
そのままお店に来てくれる人数ですね。
WEBサイトを運営している方ならユーザー数です。

気づく率とは、
来店してくれた人、サイトを訪れた人が
どれだけLINE@をやっていることに気づくか?

そもそも「お店でLINE@をやっている」ということに
気づいてもらえなければ友達の増やしようがありませんよね。

まずは「LINE@始めました!」と
来店していただいたお客さまに伝えることが
友達集めの第一歩です!

・スタッフの接客時
・お会計時
・トイレの前
・レジ前
・席の卓上

などなど

お客さまの目につくところや
お客さまと接するタイミングで
LINE@のお知らせを仕込んでいきましょう!

3.メリットを明確に伝え「友達になりたい!」を作る

LINE@のメリットを伝える
LINE@に気づいてもらったとしても
そこに魅力を感じてもらえなければ増えません。

「特に意味はないけどLINE@追加してください」と
店員さんからいきなり言われてもわざわざ追加しよう
とは思わないですよね?

LINE@に気づいてもらったあとに

「これは友達になっとかないと損だな!」
と思ってもらえるようなメリットを
伝えることが重要です。

例えば、

・友達追加でドリンク一杯無料!
・LINE@で予約が取れます!
・LINE@限定でセミナー動画無料配信!

などがよくある例ですね!

まとめ

LINE@の友達集めは
・たくさんの人に来てもらう
→LINE@に気づいてもらう
→友達になるメリットを感じてもらう

この3つのステップで進んでいきます。

・来てもらうための施策
・気づいてもらうための施策
・なりたいと思ってもらうための施策

それぞれを明確にして
友達が集まる仕組みづくりをしていきましょう!

お問い合わせ募集中!

GCLabでは、あなたからのご質問を募集中です!

・チーム作りに悩んでいる
・そもそもLINE@がよくわからない
・もっとこんな内容が知りたい

などなど
気軽にご連絡ください!

今ならご連絡いただいた方へ
【今更聞けないLINE@|メリット&活用法ブック】を
無料でプレゼント中!

↓↓↓↓↓↓
ご連絡はこちら!

LINE@では記事の更新情報や
限定セミナー動画を配信中です!
↓↓↓↓↓↓
LINE@友達登録

白井康司

白井康司

投稿者の記事一覧

◯ マーケティングディレクター
◯ LINE@コンサルタント
歯科医院、飲食店、トレーニングジム、合宿施設、メイク教室など、様々な業種のLINE@活用をサポート。その他にもブログの執筆やSNSなどWEBマーケティング全体のアドバイスを行っている。趣味はスポーツ観戦。好物はカレーライス。
人生最大の思い出はママチャリで東京から大阪へ行ったこと。

関連記事

  1. 顧客満足では口コミは生まれない?口コミの常識を覆すおすすめ書籍
  2. LINE@の目標設定(初級編)
  3. LINE@が消滅?「LINE公式アカウント」サービス統合で何が変…
  4. LINE@(ラインアット)アカウントの違いと見分け方
  5. 歯科医院のLINE@活用事例・アキヨシデンタルクリニック 【歯科医院のLINE@活用事例】キャンセル枠がその場で埋まる!
  6. LINE@って何がいいの?やらないと損をする3つの理由
  7. ラインアットのメッセージで気をつけたいポイント LINE@(ラインアット)の配信で気をつけたい3つのポイント
  8. LINE@の結果を左右する2つの要素
2020年1月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

アドバイスばかりしてしまうマネージャー マネージャー要注意!アドバイスとフィードバックの違いと伝え方のコツ 人の成長とは?リーダーが絶対に知っておくべき成長のルール【保存版】 リーダーシップを高めるには?尊敬される人になるたった2つ条件 「チームづくりの極意は楽しさの追求」大嶋啓介の最高のチームの作り方 人をその気にさせる人材育成術!自分らしく働けるスタッフの育て方

新着記事

PAGE TOP