マネジメント

「承認」が苦手なあなたへ。 覚えておきたい伝え方のコツ

以前、スタッフ教育のポイントとして
承認の土台を作るというお話をしました。

【スタッフ教育のポイント】承認の土台を作ろう!

これを読んだ方から、
「どうにも承認が苦手で。。」
「頑張って伝えてるんだけど、受け取ってもらえなくて。。」

というお声を頂いたので、
今回は「承認のコツ」について
記事にまとめました。

1.謙遜の美学「いやいや、そんなことないですよ」

照れる女性スタッフ
「褒める前には、承認が大事なんだな!」
「よし、慣れないけど承認を意識しよう!」
そう決心して、

「〇〇さん、いつもがんばっているね」
「〇〇さんがいると雰囲気が明るくなるね」

と頑張って伝えているのに
当のスタッフからは

「いやいや、そんなことないですよ」と
受け取ってもらえない。

せっかく承認してるのに、なんで受け取ってくれないんだよ!

こんな経験をしたことはないでしょうか?

思い返してみると、自分自身も
「〇〇さん、こんなことができてすごいですね!」

そう言われると、
ちょっと気恥ずかしくなって

「いやいや、そんなことないですよ」

と思わず返してしまいますよね。

特に日本人は「謙遜の美学」があって、
このやりとりが一般化しています。

でも私は、

せっかく認めてもらえてるんだから
そんな回りくどいことせず
素直に受け取ったらいいのに。

と思ってしまうのです。

2. YOUメッセージとIメッセージ

「いやいや、そんなことないですよ」

この壁を乗り越えるための
伝え方のコツがあります。

それは「I(アイ)メッセージ」で伝えること

伝え方には
YOU(ユー)メッセージとI(アイ)メッセージの2つがあります。

YOUメッセージとは、
「キミってとってもかわいいね」
判断する権限が相手(YOU)にある

Iメッセージとは、
「私はキミのこと、とってもかわいいと思ってるよ」
判断の基準は発信者(I)
→相手は素直に受け取れる。

例えば、

YOUメッセージだと

私「キミってとってもかわいいね」

相手「え〜全然、そんなことないです」

受け取ってもらえない。

というやりとりが多いですよね。

Iメッセージだと

私「私はキミのこと、とってもかわいいと思ってるよ」

相手「…(キュン♡)」

私がそう思っているということなので、相手は素直に受け取りやすい。
(ただし、イケメンに限る。笑)

えー、たとえ話が適切だったのかはさておき。笑

Iメッセージ:自分がこう思った
というメッセージを伝えた方が相手は受け取りやすいのです。

「〇〇さん、いつも頑張っているね」

と伝える代わりに

「〇〇さんはいつも本当に頑張っていると、私は思うよ」

と言ってあげると、
きっと相手の反応も変わってくると思います。

もしもとっさに

「〇〇さん、いつも頑張っているね」

「いやいや、そんなことないですよ」

といつものパターンになってしまったら

「私はそう思ってるんだけどな。」

と切り返しのフォローとして
Iメッセージを活用してみてください。

まとめ

承認を伝えても相手が受け取ってくれない時の
伝え方のコツについてお伝えしました。

YOUメッセージは、判断の権限が相手にある伝え方
Iメッセージは、自分がどう思っているかを伝えること

承認する時には、自分が思ったことを素直に
Iメッセージで伝えるようにしてみましょう!

最初は少し違和感があるかもしれませんが
ぜひ練習してみてくださいね!

「承認」についてより詳しく知りたい方は
こちらも読んでみてください^^

↓↓↓

お問い合わせ募集中!

GCLabでは、あなたからのご質問を募集中です!

・チーム作りに悩んでいる
・そもそもLINE@がよくわからない
・もっとこんな内容が知りたい

などなど
気軽にご連絡ください!

今ならご連絡いただいた方へ
【今更聞けないLINE@|メリット&活用法ブック】を
無料でプレゼント中!

↓↓↓↓↓↓
ご連絡はこちら!

LINE@では記事の更新情報や
限定セミナー動画を配信中です!
↓↓↓↓↓↓
LINE@友達登録

【総監修者】福永 寿徳 (ふくなが ひさのり)

【総監修者】福永 寿徳 (ふくなが ひさのり)

投稿者の記事一覧

◯フラップスプラン株式会社代表取締役
◯プロデューサー
もっとたのしくおもしろくをモットーに、個人・法人を問わず「選ばれる存在になる」ためのブランドプロデュースを行っている。
心理学に基づくコミュニケーションを基盤にした、リーダーの思考整理とNo.2スタッフの育成に定評がある。
名前の漢字が全てめでたいことでも有名。好きな肉の部位はハラミ。

関連記事

  1. 高速PDCAの本を図解してみた 生産性を高めるおすすめ本!孫正義流『高速PDCA』をまとめてみた…
  2. スタッフはただ「褒めて」も成長しない。スタッフ教育の落とし穴
  3. マネジメントとは人にやらせること マネジメントとは?「人にやらせること」がマネージャーの役割
  4. 仕事を楽しむポイントは目的とゴール スタッフのモチベーションを上げる!仕事を楽しむマネジメントのカギ…
  5. スタッフマネジメントのおすすめ本「一分間マネージャー」の図解表紙 【図解】スタッフマネジメントのおすすめ本「一分間マネージャー」
  6. 【結果を出すための目標設定法】本質目標が行動を変える!
  7. 【スタッフ教育のポイント】承認の土台を作ろう!
  8. アドバイスばかりしてしまうマネージャー マネージャー要注意!アドバイスとフィードバックの違いと伝え方のコ…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめ記事

リーダーシップを高めるには?尊敬される人になるたった2つ条件 「自走するチームのつくり方」岡田優介氏特別インタビュー 医療系マーケティング|他の院と差をつける集客の考え方 人の成長とは?リーダーが絶対に知っておくべき成長のルール【保存版】 LINE@が消滅?「LINE公式アカウント」サービス統合で何が変わる?

新着記事

PAGE TOP